主なカテゴリ
  • HOME
  • 航空券検索
  • ビザ代行
  • 会社概要
  • お問合せ
中国査証申請規定

【 中 国 査 証 申 請 規 定(日本籍用) 】


*外国籍の方は、一番下の欄を御確認下さい
<全ての種類の査証申請に パスポート原本、申請用紙1枚、写真(カラー)1枚(4cm×3cm)が必要です>

査証種別   滞在日数 査証有効期間 必要書類・条件 旅券残存
無査証   15日間   ・取材、就労、登山を目的とする観光、チベットへの入境される方は査証が必要
・無査証で入境し、16日以上滞在する場合、現地公安局で手続きが必要
15日以上
L 観 光 一次 30日間 3ヶ月

・申請用紙裏面に滞在先・住所・電話番号を記入                                          ・外国籍の方:下記(注1)をご参照ください。                                                            ・日本籍華人及びその家族の方:戸籍謄本(発行より3ヶ月以内)が必要                                                         

6ヶ月
60日間
90日間
二次 30日間 3ヶ月

・申請用紙裏面に滞在先・住所・電話番号を記入                                         ・外国籍の方:下記(駐1)を御確認下さい。                                             ・日本籍華人及びその家族の方:戸籍謄本(発行より3ヶ月以内)が必要

6ヶ月
60日間 6ヶ月 9ヶ月
90日間
親族訪問 一次 120日間 3ヶ月 ・親族との関係を示す、戸籍謄本(発行より3ヶ月以内)
・申請用紙裏面に親族の名前・住所・電話番号を記入
9ヶ月
180日間
多次 30日間 6ヶ月
1年
2年
・親族との関係を示す、戸籍謄本(発行より3ヶ月以内)
・申請用紙裏面に親族の名前・住所・電話番号を記入
 ※2年多次申請:出生地が中国であること
お問合せ
ください
60日間
90日間
F 商 用 一次 30日間 3ヶ月 ・申請用紙裏面に現地受け入れ企業名、住所、電話番号を記入                               *商用(F)ビザの取得履歴がない方→下記注意事項を御確認下さい
 ※60日、90日間滞在は、出入国の履歴が1回以が望ましい
6ヶ月
60日間
90日間
二次 30日間 3ヶ月 ・申請用紙裏面に現地受け入れ企業名、住所、電話番号を記入                               *商用(F)ビザの取得履歴がない方→下記注意事項を御確認下さい
 ※60日、90日間滞在は、出入国の履歴が1回以上が望ましい
6ヶ月
60日間 6ヶ月 9ヶ月
90日間
多次 30日間 6ヶ月 ・申請用紙裏面に現地受け入れ企業名、住所、電話番号を記入
 ※商用一次か二次の取得歴が必要
9ヶ月
60日間
90日間
30日間 1年 ・申請用紙裏面に現地受け入れ企業名、住所、電話番号を記入
 ※商用一次の取得歴が2回以上または商用二次、半年マルチの取得歴が1回以上必要
15ヶ月
60日間
90日間
30日間 2年 ・申請用紙裏面に現地受け入れ企業名、住所、電話番号を記入
 ※過去に商用1年多次を取得していること
27ヶ月
60日間
90日間
短期留学 一次 120日間 3ヶ月 ①入学通知書 ②JW202表(もしくは201表) ③申請用紙(留学・就労・外国籍用) 9ヶ月
180日間
X 留学・就学   181日以上 3ヶ月 ①入学通知書 ②JW202表(もしくは201表) ③申請用紙(留学・就労・外国籍用)
④外国人体格検査記録(所定用紙・国公立病院診断に限る) *要割り印
 ※入境より30日以内に現地公安局にて、居留証の手続き後長期滞在可能
  (受け入れ校の指示に従ってください)
15ヶ月
Z 就労(本人   181日以上 3ヶ月 必要書類 下記より ①+③ / ①+④ / ②+③+⑤ / ②+④+⑤ / ①+②+③ / ①+②+④ いずれか+申請用紙(留学・修学・外国籍用)
①外国人就業許可証  ②専家局工作証 又は 専家局確認件
③被授権単位邀請函  ④現地法人招聘状(社印必須)+邀請確認函 及び 被邀請人員名単
⑤外国人体格検査記録(所定用紙・国公立病院診断) *要割印
 ※入境より30日以内に現地公安局にて、居留証の手続き後長期滞在可能
  (受け入れ機関の指示に従ってください)
就労(家族)   181日以上 3ヶ月 ①駐在員の旅券コピー(データー面・Z-VISA査証面・居留証面)
②親族関係を表す戸籍謄本(発行より3ヶ月以内)
③外国人体格検査記録(所定用紙・国公立病院診断に限る)*要割印 16歳以上
 ※入境より30日以内に現地公安局にて、居留証手続き後長期滞在可能
  (受け入れ機関の指示に従ってください)
R 臨時記者 一次 許可による 15日 ●福岡領事館に公電を入れること。公電が確認され次第、査証手続となる 許可による
①現地受け入れ機関からの招聘状
②機材リスト(持って行く取材用機材・メーカー・値段)
③日程表(宿泊先・取材先・取材対象など詳細を明記)
④所属会社の責任者名、社員が入った出張証明書(取材理由などを明記)
⑤本人の名刺原本1部・コピー1部
J 常駐記者 お問い合わせください   (注)一部代行申請できないものもございます
G 過 境
A 外 交
U 公 用

注意事項

 

●過去に商用(F)の取得履歴がない方                                                                                                                                                                                          下記①もしくは②いずれかの添付は必須となります                                                                                                                                                       【①被授権単位邀請函(原本)】 【②邀請確認函 及び 被邀請人員名単(原本)+現地法人招聘状(社印必須/コピー可】                              *過去に商用(F)の取得履歴がある方は①もしくは②の添付は不要です。(現在のパスポートに査証履歴がない場合は、査証履歴のあるパスポート原本も合わせて添付をお願いします)

●外国籍の方                                                                                                 全ての方に外国人登録済証明書(原本/A4)、又は登録カードの両面コピーと申請用紙(留学・就学・外国籍用)の添付が必要
※外国籍の方の場合、領事館の判断により申請できない査証種別がございます。その都度ご確認ください。
 台湾籍の中国旅行証(査証)申請は、代行申請不可です。必要書類など、ご本人が大使館・領事館に直接ご確認ください。                           (注1)以下の2点の添付が必要となります                                                                                ①現地ホテル予約確認書                                                                                         *現地滞在先がホテル以外の場合、滞在する現地受け入れ先もしくは受け入れ人の身分証コピーならびに招聘状が必要                            ②Eチケットお客様控え もしくは航空券予約確認書 もしくはツアー日程表                                                           *いずれも書面にて予約確認が取れるもである事                                                                          *航空券予約確認書もしくはツアー日程表を添付する場合、手配旅行社の押印が必要